イルカとアシカ赤ちゃん誕生 海遊館が愛称募集

イルカとアシカ赤ちゃん誕生 海遊館が愛称募集

 

 大阪市港区の水族館「海遊館」で、カマイルカとカリフォルニアアシカの赤ちゃんが相次いで誕生した。元気に育ってほしいという願いを込め、同館はそれぞれの赤ちゃんの愛称募集を始めた。

 

カマイルカの親子(海遊館提供)
カリフォルニアアシカの親子(海遊館提供)

 カマイルカの赤ちゃんは8月23日に誕生。母親の「アーチ」にぴったりと寄り添って泳ぐ甘えた姿が愛らしい男の子で、現在は体長約1メートルまで成長した。

 5月19日に生まれたカリフォルニアアシカの赤ちゃんは、日中は単独で過ごすやんちゃ盛りの男の子。母親の「スミレ」のミルクが大好きで夜は一緒に眠る。現在の体長は約1メートル。

 愛称の選考基準は「呼びやすく覚えてもらいやすいこと」「元気に育ってくれるよう願いが込められたもの」の2点で、飼育担当者が選ぶ。

 カマイルカの命名者には赤ちゃんを間近で見ることこができる「プチ・ドルフィンスイム」という特別体験がプレゼントされ、カリフォルニアアシカの命名者には「アシカ・スペシャルバックヤードツアー」が特典として付く。また、応募者の中から抽選で10人に同館オリジナルグッズが当たる。応募はメールで受け付ける。締め切りは13日で。

 

 問い合わせは電話06(6576)5501、海遊館。



陶芸教室
陶芸の展示
陶芸教室
朝市の様子
野菜の朝市
野菜の朝市
サイエンスカフェ
サイエンスカフェ
子育てよろず相談
子育てよろず相談